被害を訴える患者

美容整形手術の難しさ

今回、品川美容外科が告訴されたのは、フェイスリフト手術と言う美容整形手術では特別に珍しい内容ではない施術に関しての被害者からの訴えでした。美容整形手術は一般的なイメージでも、まぶたを二重にしたり鼻を高くしたりなどの所謂プチ整形と言われるものや頬や額のシワやたるみを取り除くアンチエイジング手術から顎やエラの骨を削ると言ったような大掛かりなものまで様々なものがあります。そうした施術によって自分では叶えることの出来ない美しさを手に入れることができるのですが、ここでとトラブルがあり、告訴されるという経緯にいたったのです。ただ、この品川美容外科の告訴によって、美容外科側にとって不利になり窮地に追い込まれてしまったわけではありません。むしろ、ここから信頼回復に向けて積極的に変革をしていったことから、顧客が満足する美容施術サービスの提供が始まったのです。

被害者が告訴するということ

告訴にいたった原告においては、美容外科でキレイになりたいと願い施術を受けたところ不運にも後遺症が残ってしまう形となりました。この被害者がいる原告側の気持ちを汲むと、美容外科側を悪と思い込みたい気持ちがあるかもしれません。しかし、冷静に考えてみると訴えを起こされた品川美容外科も、全ての施術でこういった告訴事件を起こしているわけではありません。むしろ、フェイスリフトの施術で満足している人も多いことから、こうしたケースは非常に稀であると考えていいでしょう。実際の対応においても、患者に分かりやすいカウンセリングへの改善やサービスの徹底がされています。ですから、過去の告訴に関する認識として誤解のないようにすることが一番です。